【頚椎の椎間板ヘルニアの治療法】
頚椎ヘルニアが21日で改善する方法(徳永英光先生の公式サイトへ)

椎間板ヘルニアの判断と検査

椎間板ヘルニアはエックス線では分からないものの、脊椎の骨性の変容を確認するために利用されます。

MRIは椎間板ヘルニアの判断の際に有効です。なぜかといえば、、侵襲性が比較的乏しい点、さらにビジュアルで確認できること。逆に、ネガティブファクターとしては、CTスキャンと比較すればいくつかあります。また痛みが特に激しくじっとしていることができない場合に使用が難しい点があります。

頚椎椎間板ヘルニア記事一覧

頚椎椎間板ヘルニアの症状

頚椎椎間板ヘルニアの症状はしつこい肩凝りや肩の痛みから始まります。大抵朝が調子がよくそれからはずっと悪化する慢性型の肩凝り、痛みは腕ににわたります。そして痺れがはしります。神経が圧迫される事で起こる症状(神経症状)が出る事によりその神経が支配する領域に症状が現れ、空を見上げたり、高い棚から物を取るよ...

≫続きを読む

 

頚椎椎間板ヘルニアの原因

頚椎は背骨の中でも首の部分を構成する部位であり第一頚椎から第7頚椎からなります。頚椎は頭部を支える役割を持ち、第2頚椎以下の椎骨と椎骨の間には椎間板があります。頚椎椎間板ヘルニアは頚椎症の一つで加齢による椎間板の老化によって起こる変性疾患といわれています。椎間板にはゼリー状の髄核がありその周辺を線維...

≫続きを読む

 

頚椎椎間板ヘルニアの治療

頚椎椎間板ヘルニアは頚椎症の一部です。治療は外科手術を彷彿とされますが、軽度の計追従の場合、保存療法をお勧めします。まず大事なのは頚椎を安静に保つ事です。頚椎カラーの装着、薬物治療の痛み凝りには非ステロイド薬の消炎鎮痛薬の塗布、凝りには筋弛緩薬が用いられます。あと温熱療法で患部を温めてやることで血行...

≫続きを読む