頚椎椎間板ヘルニア治療のいろいろ

頚椎椎間板ヘルニアの治療

頚椎椎間板ヘルニアは頚椎症の一部です。治療は外科手術を彷彿とされますが、軽度の計追従の場合、保存療法をお勧めします。まず大事なのは頚椎を安静に保つ事です。

頚椎カラーの装着、薬物治療の痛み凝りには非ステロイド薬の消炎鎮痛薬の塗布、凝りには筋弛緩薬が用いられます。あと温熱療法で患部を温めてやることで血行がよくなります。

運動療法では運動による筋肉のストレッチで体を動かす事で心もリフレッシュします。手や腕を回したりゆっくり首を倒す運動や手で頭を押さえる抵抗運動がいいですね。あとどうしても痛みが取れない場合はブロック療法」がお勧めです。後頭部下の首筋に押すと激痛が走る場所があります。その部分に局部部麻酔を打ちます。

何度が打つことで麻酔が切れても痛くなくなります。頚椎症は保存療法が基本です。これらの治療法はあくまでも軽度な方が対象で、また神経症状がきつい場合は「神経根ブロック治療」が有効です。脊髄症状が酷い場合は早急に外科手術が必要になります。ヘルニアが脊髄を圧迫している場合は脊髄を圧迫するヘルニアを除去、または飛び出した髄核を元に戻せなければ、少しばかり歩行や運動に支障が出ます。

早く痺れを取る為には外科手術も一つの治療法と言えるでしょう。頚椎椎間板ヘルニアの治療法にも様々です。軽度な方は保存療法、神経根 に痛みが走るなら「神経根ブロック療法」があります。神経根ブロック療法の場合、ステロイドや局部麻酔を打ちます

【頚椎の椎間板ヘルニアの治療法】
頚椎ヘルニアが21日で改善する方法(徳永英光先生の公式サイトへ)

頚椎椎間板ヘルニアの治療関連ページ

症状
原因