頚椎椎間板ヘルニアになる原因について

頚椎椎間板ヘルニアの原因

頚椎は背骨の中でも首の部分を構成する部位であり第一頚椎から第7頚椎からなります。頚椎は頭部を支える役割を持ち、第2頚椎以下の椎骨と椎骨の間には椎間板があります。頚椎椎間板ヘルニアは頚椎症の一つで加齢による椎間板の老化によって起こる変性疾患といわれています。椎間板にはゼリー状の髄核がありその周辺を線維輪が取り囲んでいます。

椎間板は椎骨と椎骨の間にあり外傷的ダメージを緩和する「クッション」の役割を持ちますが加齢により、椎間板のクッションの弾力性が失われ、椎間板が変性します。こうして亀裂が入ったりする事で椎骨と椎骨の間にある椎間板はくションの働きが出来ない事で椎骨同士が干渉しあうのです。磨耗しぶつかり合うことでお互いの椎間板が刺激し合います。

減ったりする事で、骨棘という部分から骨のでっぱりが出てきて骨が変形します。また椎骨の並びにズレが生じ、脊柱管の狭窄、脊柱管から枝分かれし、神経が出て行っている椎間孔の狭窄が主に見られます。変性した椎間板から髄核が飛び出し頚椎椎間板ヘルニアを発症します。このように椎間板の変性がついには髄核を飛び出させる「頚椎椎間板ヘルニア」をは発症させます。頭蓋骨を支えなければいけない2足歩行する人間にとって頚椎の椎間板の磨耗は首が自由度を失う事になりかねないのです。人間が立ち歩く事で、上から下へ垂直に働く力がかかっています(重力)頚椎椎間板ヘルニアを患う事で首以外にも症状があらわれます。

【頚椎の椎間板ヘルニアの治療法】
頚椎ヘルニアが21日で改善する方法(徳永英光先生の公式サイトへ)

頚椎椎間板ヘルニアの原因関連ページ

症状
治療と改善