頚椎椎間板ヘルニアになると表れる症状

頚椎椎間板ヘルニアの症状

頚椎椎間板ヘルニアの症状はしつこい肩凝りや肩の痛みから始まります。大抵朝が調子がよくそれからはずっと悪化する慢性型の肩凝り、痛みは腕ににわたります。そして痺れがはしります。神経が圧迫される事で起こる症状(神経症状)が出る事によりその神経が支配する領域に症状が現れ、空を見上げたり、高い棚から物を取るような姿勢が痛みを悪化させます。

脊髄の症状である手の痺れは片手から両手へ痺れが悪化し、指を動かす事も難しくなります。箸を持つ事も出来ないようになります。足にも痺れが現れれば足がもたつき歩く事もむつかしくなるといった(脊髄症状)排尿、排便の異常は顕著に見られます。これらの症状は首をそらせることで悪化します。脊髄症状は多岐にわたり発症します。

後頭部やしつこい肩凝りや肩の痛みを(頚椎症状)といい頚椎椎間板ヘルニアの小j今日は大きく分けて3種類ある事がわかります。神経症状には神経根に痺れが起きに上肢に痺れを起す事から(神経根症状)と言われています。神経根症状の場合、感覚が鈍磨します。頚椎椎間板ヘルニアのタイプにより症状の現れ方が違います。

ヘルニアが神経根を圧迫するタイプには首や肩の痛み痺れがある。(頚椎症状)どちらか片方がその神経を支配する特定の部位に症状が現れるとされ、もう一つのタイプとして脊髄を圧迫するこのときヘルニアは真後ろにあり、運動障害、手足の感覚、排尿障害と症状は全身に及びます。ヘルニアの圧迫により脊髄症状が現れます。

【頚椎の椎間板ヘルニアの治療法】
頚椎ヘルニアが21日で改善する方法(徳永英光先生の公式サイトへ)

頚椎椎間板ヘルニアの症状関連ページ

原因
治療と改善