腰椎の椎間板ヘルニアになる原因は?

腰椎椎間板ヘルニアの原因

2輪車による事故やスポーツによる腰部を過剰に打ち付ける事により発症する坐骨神経痛。どの原因に椎間板ヘルニアの原因になっています。いきなり重い荷物を持ったり、腰部に偏った力が掛かるのが急性腰痛、急性腰痛なら腰巻きベルトで患部を支えてやる事で改善しますがこの症状を繰り返す事で慢性的に腰痛を負う事になります。

その状態に大きい力が掛かる事で腰から足にかけ違和感がありますが若し椎間板ヘルニアが関与していれば「ただの痛み」は下肢全体に耐え切れない激痛が足の裏まで突き抜けます。坐骨神経痛の原因はまだあります。若年者なら例えればサッカーボールが腰にあたったり中年者なら無理に行ったスポーツで腰に負担を掛けます。

でも良く起こるのが高齢者に見られる転倒です。頭を打つタイプと腰部全体に力が掛かる事で深刻な状態になります。全体重が腰部に掛かる事で椎間板ヘルニアが原因で坐骨神経痛を発症します。骨密度が低く頼りが無い高齢者の場合、腰椎骨折を起してしまいます。加齢と共に坐骨神経痛を発症しやすくなるようです。

運動がどうしても億劫になる年頃になれば誰もがなりやすいです。腹筋と背筋が弱ってくれば腰椎が十分に支えられない為、ぐらついてくるのです。

【腰椎の椎間板ヘルニアの治療法】
腰痛ヘルニア治療の名医による改善法 (中川卓爾先生の公式サイトへ)

腰椎椎間板ヘルニアの原因関連ページ

症状