腰椎椎間板ヘルニアになると表れる症状

腰椎椎間板ヘルニアの症状

椎間板は背骨から伝わる衝撃を緩和させる役割があります椎間板の中心には髄核というゼリー状の液体があり椎間板の周りには線維輪という丈夫な組織があり、線維輪の弾力が無くなっていき強い組織が破れるように髄核が椎間板からはみだしてしまう状態を椎間板ヘルニアといい線維輪の弾力の低下は加齢による運動不足です。

症状はとにかく急性の腰痛、下肢痛です。さらに脊髄から枝分かれした下肢に伸びる坐骨神経がヘルニアにより刺激、圧迫されます。すると坐骨神経痛の症状が出ます。腰から下肢にかけての響くような痛み、これは感覚神経が異常をきたしてる証拠でしょう。遂には下肢の運動能力低下が懸念されます。

稀に馬尾神経に支障を来たすと排尿、排便機能の異常が見られます。しびれは大きな症状にひとつといえます。腰を曲げる、前傾姿勢になるとしびれは強く感じます。出来るだけよい姿勢を保つようにしましょう。前傾姿勢になると椎間板の内圧が上昇し、ヘルニアが後方の神経根を刺激、圧迫するからです。

椅子に座ったままいたりとか椎間板に負担をかけない、出来るだけ姿勢を正してみる。この時期痛くなったり痛くなくなるには姿勢が大きく関係していると言えますね。

【腰椎の椎間板ヘルニアの治療法】
腰痛ヘルニア治療の名医による改善法 (中川卓爾先生の公式サイトへ)

腰椎椎間板ヘルニアの症状関連ページ

原因